少なからずの人が、ウエストのくびれは体重の増減と関係していると考えているようです。ですが、体重を減らさずともウエストのくびれをつくることは可能です。腹斜筋という腰にある筋肉を鍛えることで、ウエストのくびれが際立つようになります。腹筋運動の場合、お腹前面の腹直筋が主に鍛えられるので、どんなに頑張ってもウエストがくびれることは難しいです。腹斜筋は左右にあり、身体を斜めに横切っているので、ウエストをひねる動作で伸び縮みしています。毎日腹斜筋を鍛える運動をすることで、徐々にウエストくびれが確認できるようになります。腹斜筋を鍛える時間を設定して日々行うことも大切ですが、ウエストの筋肉は日常動作の中でも使えます。ウエストくびれをつくるために、普段の動作の中でウエストをひねる機会を増やしましょう。健康やダイエットのためにウォーキングをしている人も多いですが、その時にウエストひねりの動作をプラスするのもいい方法です。無理に腰をひねると不自然になってしまいますが、腕を後ろに引くと自然と腰が前に出て腰をひねることができます。プロポーションを整えるにはウエストがくびれた状態であることが好ましく、きれいになれます。くびれの美しいウエストになるためには、ボニックプロを使って腹筋運動より、腰のひねりによる腹斜筋トレーニングが効果を発揮します。こちらがボニックプロの口コミです。